夢と詩情のアニマ

~プリズムの煌めきが生まれる場所、あるいはその墓場

動かない時計の物語

いま、アイドルタイムプリパラが面白い。

 

いや、毎日毎日プリパラのことばかりをうわ言のように呟いている私だ、何を今さらと思われるだろう。

 

しかし今年度のシーズン、アイドルタイムプリパラはクオリティ、メッセージ性、どちらから見てもこの4年で最高の出来であると自信を持って言える(なんだかボジョレーヌーボーみたいになってるがw)。

 

まずクオリティに関してはこれはもう明らかで、作画が大幅に向上している。おそらく4期からチーフディレクターにさり気に小林浩輔氏が就任していることと無縁ではあるまい。韓国側スタジオのスキル向上や国内修正体制の充実はもとより、これまで以上に制作と作画との連絡が的確に行われた結果なのだろうと思う。

相変わらず綿密に計算されたシナリオとライバル作品(どことは言わないが)と遜色ないレベルにあがった作画、この二つが合わさる事でいよいよ打倒プ〇キュアが(ユメに夢みるぐらいには)現実味を帯びてきた。

 

つづいてメッセージ性だが、夢と時間、この二つをメインテーマが、いよいよその全貌を現しはじめた。

神アイドル編が終わり、アイドルタイム編がはじまり、しかしその実質はプリパラZだったわけで、らぁら以外のメインキャラも結局ほとんど続投してるし、ああ一安心…なんて思わせておきながらとんでもない、アイドルタイムプリパラが描いているのは「過去と未来の狭間にある今そのもの」もっと言えば「時計の針を動かせずにいる人」の物語だったのだから。

ファララは寝ぼけた声で真理を説く。まさしく時計の針を動かすのが夢の力なのだ。


そう考えてみると、アイドルタイムプリパラのメインキャラは、ことごとく「時計が壊れている」人たちだ。


夢をパックに食べられていた にの。

夢を右肩に隠していた みちる。

大らぁらにプリパラチェンジできなくなったらぁら(言うまでもなく大らぁらは「早く大人になりたい」という願望の事であった)。

友達の心無い一言から好きだった物を遠ざけるようになったミミ子。

突然何かの揺り戻しであるかのようにプリパラへの興味を失くしたちあ子。

神アイドルになったものの未来への足踏みをしているらしい みあ。

姉とは逆に時計を早回ししたがっているような しゅうか。

そしてしばしば絶対不可侵の夢の中に閉じこもる ゆい。


これらは作中ではそのものとして描かれてはいないが、この人生の生き辛さを暗に示している。

恐らくそれは現実と折り合いをつけた結果として訪れた「今」だ。

誰だって、とめどない夢と限りある現実の中で、ちょうどいい所を探して生きている。

残念なことに未だ二次元世界に行くための発明が為されていないし、霞を食べて生きるほどには徳も積めないので、この現実で生きていくしかない。

現実で生きていくためには夢を忘れてしまうか、ゆがめてしまうか、なかったことにしてしまうか・・・夢を食べるパックは、夢を否定する何者かの暗喩であろうと思われる。それは親だったり、きょうだいだったり、友達だったり、全然知らないTVの向こう側の人や、もしかして自分自身かもしれない。

ガァララとパックに全ての元凶が託されている今作であるが、しかし現実的には何かのきっかけさえあれば、いつでもどこでも起こりうる有り触れた哀しみのひとつが描かれているに過ぎない。

ミミ子が夢を食べられた顛末を思い出して欲しい。順番としては  言葉の暴力を受ける→パックに食べられる だった。それはパック的にはたまたまだったのだけれど、ここに私は意味を見出したい。つまり、夢見る心の傷つきやすさ、夢みることで受ける数々の呪い。

(考察女児の中でにはもっと突っ込んで、みちるは虐待されていたのでは?と仰る方もいる。雑巾プレゼントを写真に収めている事から。私も同感である。だがその点、今作は暗くなりすぎそうな事からは巧みに答え合わせを避けている。未だに各キャラの家庭事情が不明なのは、何が原因でこうなったか、をあまり掘り下げないで済むように機能している)

 

実は夢を忘れずにいた ゆいですら、夢を持つことによる呪いから自由ではいられない。

あっけらかんとしているような彼女は、しかし実は自分の夢見がちな性格が周囲からどう扱われているか十分知っているようでもある。(34話が詳しい)

第1話を思い出して欲しい。彼女はらぁらがクラスメイトからチヤホヤされるのを遠巻きに見ていた。すずはなもその輪に参加しているのにも関わらず、だ。

そこには自分だけの夢を持ちつづける事の孤独が感じられる。

 

しかしそれは特別な事ではないのかもしれない。

誰だって一度見た夢を忘れきれるわけはなく、たとえ否定されて心に押し込めたとしてもそれはずっと自分を呼んでいる・・・ミーチルがみちるにメッセージを書き続けたように、にのが困ってる人はつい手助けしてしまいたくなるように。

だから、だから哀しいんだ。失くしても、思い込んでも、消えてはくれない。それが夢なのだ。それは宿命のアザだ。誰もその宿命から逃れることはできない。

「俺たちが目指すのは勝者じゃなく勇者だろ」と誰かが言った。宿命に立ち向かう事が勇者であるなら、それはなんと強い心のいることか。



夢のない街、パパラ宿はもしかして私たちが生きているこの街の事かもしれない。

2年9ヶ月ものあいだ、夢の中でパラ宿という街にいた我々が、本当に生きていくべきなのは実はパパラ宿の方なのだ。

我々の止まった時計も、そろそろ動かさなければならないのかもしれない。

すべてを見終わったとき、我々の前にあるのは夢のつづきか、それとも目覚めのサンシャインか。


いま、再びこの歌詞を噛みしめる。

「ぴかぴかゆらゆら未来へと歩く今日は、繰り返しのフリしている夢への道。1秒1秒が過去に変わる今を全力で愛していこう」

 確かなことは、これは未来に行くための船だろうということだ。どのような未来であっても、「今」にとどまることはけしてできない。


いま、アイドルタイムプリパラを見るのが怖い。

人類の業と希望

ドラえもんの2017映画「のび太の南極カチコチ大冒険」を見たとき、私は感激にむせび泣いていた。

 

何故か。

ついにオールドファンを唸らせる傑作が誕生したと確信したからだ。

 

いわゆる「わさドラ」になってから、名作傑作のひとつに並ぶべき作品がなかったわけではない。

のび太の恐竜2016は新時代の幕開けを告げる素晴らしい映画だったし、

新鉄人兵団の素晴らしいアレンジは旧作を凌ぐものがあると思う。

また他方、新大魔境の執念ともいうべき完コピは記憶に新しい。

オリジナル作品についても、秘密道具ミュージアムでは「のび太ドラえもん」の関係に集約することで「わさドラ」としての決定打を見せたし、

あの緑の巨人伝だって色々の問題を孕みつつも意欲作として語り継がれるべき作品だと思っている。

 

しかしそれらはすべて、偉大な遺産を食いつないでいるか、もしくは新大陸へと移住することでそこに新たな国家を作ろうという行為であった。

そこには我々「大山のぶ代の世代」と「水田わさびの世代」の断絶があったし、それは致し方無いものとして、この10年ほど、概ね受け止められてきた。

 

果たしてこの「南極カチコチ大冒険」は違う。

これは紛う事無き【大長編ドラえもん】の新作だ。

 

かき氷という不思議な食べ物を知ったとき、カーラは言う。

 

「なんでも食べちゃうのね。貴方たちならブリザーガも食べちゃうんじゃない?」

 

そうだ、私たちはこの世界の全てを食べて、利用して、そして生きていく。

きっと古代人たちもそうだったにちがいない。

 

「星をまるごと凍らせて、強制的に生物の進化を促す」

 それは神の所業だ。

 

かつて南極に都市を作った古代人たちは、計画を直前で中断した。

それは自らの傲慢さを顧みたのか、仲間割れによるものか、それとも単に怖くなったのか。

それは分からないけれど、今を生きる私たちは考えなくちゃならない。

人類だけが持つ、自分の生きる環境を変える力、・・・それは自分の身の回りの掃除洗濯などのミニマムなことから、テラフォーミングまで、その科学の力を、なぜ我々は持っていて、そして何に使うべきか。

この星に夜が来る前に。 

 

地球は、今ふたたび氷河期に向かっている。 

 

 

(こちらの記事は2015/5/15にほぼ完成状態で下書きして、何やかんやで投稿を忘れて放置してしまったものを少し修正したものです)

アイドルタイムプリパラとアイカツスターズ、ふたつのリスタート

2017年、春。いつもの番組改編期である。

しかし我々女児アニメを愛する民にとって、今春は次世代まで語り継がれるべき激変の春と言えるかもしれない。

 

なんといってもプリパラとアイカツスターズ、両作品の前身であるプリティーリズムアイカツの時代からここ数年間女児アニメ界をけん引してきた二つの作品が、それぞれの語るべき物語を高らかに謳いあげ、そしてその大団円の興奮も冷めやらぬうちに同時に再び大海原に出港したのだ。

 

そしてそれはまたしても真逆のアプロ―チだ。

この二者の関係はほんとに面白い。

目的は同じ「自身の筐体ゲームを流行らせること」なのに、やっていること、やりたいこと、そしてやるべきことがことごとく真逆で、

しかもそれぞれ正しい。

 

各話の直後に呟いたツイートから、具体的に語っていこう。

 

 

まずはプリパラ。

世界観を引き継ぎつつ新たな街に舞台を移してのリスタート1話目。

新主人公である夢川ゆいを神アイドルとなった真中らぁらが導いていく・・・話なのだがそこはプリパラ、そう単純ではない。

 

なんと新プリパラは未だ工事中(?)の閑散とした空間であり、完全なるゼロからのスタートを強いられる。

そもそも新たな舞台パパラ宿では男子プリパラその名もダンプリがトレンディであり女子がアイドルをやるという文化そのものがない上に、校長はどこかの誰かさんを彷彿とさせる超管理主義者にして前時代的な「清く正しい女子」の保守者(のちにダンプリオタクだと判明)。 

さらに当のらぁらはプリチケのバグによりプリパラチェンジ後の姿になれなくなってしまい、そのためパパラ宿での唯一のプリパラ同志であるはずの夢川ゆいには誇大妄想癖(おまいう)だと舐められる始末。

 

 このように神アイドルにまで上り詰めた真中らぁらを、ちょっとずつ身動きとれない状態にして強制的に「主人公としてのふりだし」にもどしてからアイドルタイムプリパラの物語ははじまる。

これによって神アイドルグランプリを経たあとのれっきとしたプリパラ4期でありながら、「アイドルタイムプリパラ」は新番組として始まることができたわけです。

これが実にうまい。

 

 

もしもらぁらが神アイドルとしてパパラ宿に迎えられたなら、ゆいとのコンビは少なからず師弟関係となっていただろう。

それではいけない。プリパラで描かれる関係性は対等なトモダチでなければなりません。

そこで最初はゆいにらぁらを舐めてかかってもらい、共に穴を掘る(意味深)ことで友達としての関係を構築してもらう。

そしてそのあとすぐに神アイドルだったことは知れるわけだが、その頃にはゆいのキャラクターも十分浸透していて、今更らぁらへの態度を変える子ではないことは我々視聴者は分かっているという寸法だ。

 

こうしてたった2話でW主人公体制が構築されて、いつの間にか新しいパパラ宿でのらぁらの活躍に説得力がついている。なんということでしょう。匠と言わざるを得ません。

 

 

 

さて、アイカツスターズはどうかというと、こちらもまた凄い。

こちらは四つ星学園のトップ、S4に就任した虹野ゆめが、海の向こうからやってきたアイドル海賊エルザに打ちのめされ、そして武者震いをするというところから物語を再開する。

それはまさに黒船来航であり、今までの常識を覆す事件だった。

 

[https://twitter.com/halukuku69/status/849926584601464832:embed#「ゆめの夢はS4になること」ではその夢が叶ったら?ある程度この問題を出して来ると思っていたが、

 

まさかここまで徹底的に井の中の蛙に過ぎないと叩きつけるとは思わなかった。しかし不安はない。なぜなら彼女らは大海を前に怯む蛙たちではないからだ。 #aikatsu]

 

アイスタがとったのは「更なる強敵」路線だ。

そこでは今までの四つ星学園でのアイカツは通用せず、「お前らのは甘ちゃんサッカーなんだよ」(by日向小次郎)理論で一度は叩きのめされる。

しかし続く52話で見事な逆襲に転じることで、ゆめの力は今までのアイカツに根差していると示される。それはアイカツスターズの1年目がけして無駄ではなかったことを教えてくれるが、しかし同時に、ゆめの立つ寄りべとなる四つ星学園は、彼女の枷となるかもしれないとも暗示されている。

 

 

アイカツスターズは今までの物語に上層を加える事で、ゆめの新たなはじまりとしたのだ。

それはもう四つ星学園だけのアイカツには戻れない事を示してもいる。

ゆめはもう、未来に向かっていくしかない。

 

対してプリパラはどうか。実はこれについても対称的で、

プリパラはなんと、時を戻した。と、いうか神シリーズから止まっているのだがw

今回は明らかに自覚的に、「止まった時」を印象付けている。

 

 

そしてまるで示し合せたかのように、アイカツスターズは「時は戻せない」ことを強調する。

リリィサキパイ・・・いや綺麗なあじみ・・・じゃないリリィ先輩が星のツバサを手にした経緯に思いを馳せよう。

 

繰り返す時の中で、新しいプリパラを作るという未来へ向かうアイドルタイムプリパラ

不可逆な時間を生きながら、更なる高みの未来をみつめるアイカツスターズ

あまりにも対称的なリスタートである。

私はこれを両作品の根本に根差した違いだと思っている。

 プリパラはどこまで行ってもアイドルそのものではなく「プリパラという空間と私」がテーマである。

対してアイカツはアイドルになっていくことそれ自体がドラマになる。

この違いである。

プリパラにとってアイドルは手段に過ぎないが、アイカツにとってそれは目的なのだ。

 

 

確かなことは、両者とも自らの描くべきテーマをはっきりと自覚している、哲学のあるアニメだという事だ。

そしておそらく2017年度は、この二つの星がはじめて同じエネルギー同士でぶつかる真っ向勝負になるだろう。

まったく異なるテーマを持つアイドルアニメが、それぞれが描くべき頂点の先を描いていく。

ゾクゾクするじゃないか。

1年後、両作品のがどこにたどり着いているのか、月日の流れの速さに恐怖しつつも今から楽しみである。

 

プリパラとはなんだったのだろう

 

 

 

 

先日、2年9か月ものあいだ私の人生を浸食し続けたTVアニメ「プリパラ」が堂々の最終回を迎えた。

冒頭は最終回リアルタイム試聴後の興奮冷めやらぬツイートなのだが、まさにこれが私にとってプリパラがどういう存在であったのかの答えほぼそのままだ。

 

「みーんな友達、みーんなアイドル」

このキャッチコピーを証明したファルルの法則は、でもたぶん夢物語であろう。

それはわかっている。

笑顔が10倍になるのに比例して負の感情も増えていくということを、子供達もいつかきっと知るだろう。

それでも、やはり信じていきたい。ファルルの法則を胸にしまって。

プリパラを見て「女児になる」(公式がプリパラユーザーはみんな統計上は女児だと言っているんです)ということは、ファルルの法則を信じたい自分を再確認することだと思うのです。

きっと、プリチケをパキるという行為は、人類の本能なのではないでしょうか。

ループル美術館に収蔵された世界最古のプリチケがそれを教えてくれる気がします。

 

ああプリパラは、どこまでも他者にトモチケを渡すための物語だったのだ。

それは世界で最も簡単で、そして勇気のいる一歩だ。

 

はじめに ~詩と二次元世界への恋

アニメーションと詩は相性が良いと思っている。

 

両者とも、こちらからお邪魔しますと扉を叩かなければ、何も語り掛けることはない内気な文学だ。

 

例えば日曜朝、プリキュアを見て、いわゆる普通の人が絶対に流すことはない類の涙をこぼす。

その瞬間、私は世の人からヲタクと呼ばれる生き方をしていることに、感謝と誇りを持つのだ。

 

良い年してアニメばかり・・・それは逃避だと、言う人もいる。

そうかもしれない。実際わたし自身も多少の恥ずかしさと巨大な後ろめたさを常に感じている。

 

だがこれだけは言おう。

二次元に対峙して生きることは、けして楽ではない。

それは一方通行の恋を受け入れるという生き方だ。

 

なぜなら彼ら彼女らは、私たちに笑いかけることも、拒絶することもけしてない。

彼の世界の破滅も救済も、しょせんは私たちに何らの影響を及ぼすこともない。

 

それどころか別時空の彼ら彼女らが活躍するたびに、

自らがいかに矮小な存在であることを、

またこの先も何者にもなれないであろうことを、

思い知って、

憧れて、

そしてまた人生を呪う。

 

そんなネガティブな人生賛歌に社会的な価値はないことはわかっているが、

しかしそこから生まれるもの、それは詩とよく似た内向きの力を持っていると思う。

 

誰の為でもない、何を為すこともない。

しかしいつか何処かへたどり着くかもしれない、

もしかして、受け取る人だっているかもしれないと少しは期待して風に飛ばす、

そんな未来への手紙だ。